乳がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応の手引き

5月25日の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急事態宣言の解除を受け徐々に日常生活が戻りつつあります。 今後は新型コロナウイルス感染を想定した「新しい生活様式」の実践が求められています。 がん検診は、新型コロナウイルス感染拡大によって多くの市区町村、人間ドックや企業検診などの検診施設ではその実施が延期されてきました。 しかし、今その再開に向けての道筋を考える時期に来ました。 乳がんは我が国女性が罹患する原因の第1位を占めており、乳がん検診は国民の乳がん死亡減少において極めて重要な健康事業です。 対策型、任意型を問わずその再開は優先度の高い社会活動のひとつと言えます。 健康増進法では、地域住民の多様な需要にきめ細かく対応することが求められており、がん検診提供施設は適切な感染拡大防止対策を施し「新しい生活様式」に見合ったがん検診提供体制を整備することが求められています。 それぞれの検診提供施設内の対策とともに受診者の方々へ新型コロナウイルスの感染リスクならびに感染拡大防止対策について十分説明することも大切です。 またこの時期だからこそがん検診を受けることの利益・不利益の考え方とともに概念としてのブレスト・アウェアネスについて普及を図ることは新しい時代の乳がん検診を進める上で重要であると考えます。 本手引書(マニュアル)は我が国で培われてきた精度の高い乳がん検診をこの時代に即した形で提供いただくために作成しました。 検診提供施設は言うまでもなく検診受診者におかれましてもご一読いただきたくお願い申し上げます。 今後、新型コロナウイルスについては感染拡大が再燃する可能性もあります。 日本乳癌検診学会では政府や自治体等が公表する感染状況や各種情報に注視して、必要に応じて本手引書(マニュアル)のアップデートを行う所存です。

2020年6月

特定非営利活動法人 日本乳癌検診学会
理事長 中島 康雄


乳がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応の手引き.pdf(1.7MB)
消化器がん検診の新型コロナウイルス感染症への対応は日本消化器がん検診学会HPをご参照ください